イベント

腸の病気撲滅!病気をはねのける食事講座

日本がんコントロール協会理事長でもある
正常分子栄養学の提唱者・森山晃嗣氏が名古屋に来る!
難病患者が実践して腸の難病を克服!
身体障害者手帳も返還!2名の体験者が語る!

便秘 アレルギー クローン病 潰瘍性大腸炎etc、、、

あらゆる病気の原因は腸内環境の悪化にあると言われるほど、
腸を健康に保つことは重要です。
私たちの身体は毎日、自分自身が食べたり飲んだりした
物が消化吸収され、血液となり全身の細胞を作るために循環しています。
つまり、腸の健康状態も口から入れたもので決まるということです。
世界的に有名な栄養学者であるロジャー・ウィリアムス博士の教えの、
栄養素は
1つではなくチームで働くという「いのちの鎖」理論を学び、
食事を通した健康づくりに取り組んでみませんか?

<講師プロフィール>

 

ボタニック・ラボラトリー株式会社
代表取締役社長
森山晃嗣(もりやま あきつぐ)

25歳の時に脳膜炎、喘息、皮膚炎になり、薬漬けの生活をしていた為、農学博士のアドバイスにより食事療法、栄養素療法に取り組み、健康を回復。ロジャー・ウィリアムス博士の「いのちの鎖理論」に感銘し、米国医学大学通信講座にて正常分子栄養学の基礎を学ぶ。その後、日本のみならずアメリカ、台湾などで講演活動を開始。これまでの講演回数は4000回を超え、その参加者は100万人を超えている。

<体験者プロフィール>

 

末吉 辰満(すえよし たつみ)
東京都在住
1998年、高校2年生の時に腸の難病であるクローン病を発症。
小腸手術3回、残存小腸1/6、救急搬送10回、
入退院を20回繰返しながら完治して
身体障害者手帳を返還した経験をもつ。

中森 美保子(なかもり みほこ)
名古屋市在住
2011年、腸の難病であるクローン病を発症。
2018年、正常分子栄養学との出会いにより
長年続けてきた大量の服薬と点滴治療を止めるまでに至った。

日時:2018122()14:00〜16:00 (開場13:30)

14:05~15:05 特別講演 正常分子栄養学提唱者 森山晃嗣氏
15:05~15:15    休憩
15:15~15:30 体験談 末吉辰満氏
15:30~15:45 体験談 中森美保子氏
15:45~16:00 質疑応答

場所:名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール  第2会議室

住所:名古屋市千種区吹上二丁目63号 

アクセス:地下鉄吹上駅より徒歩5

参加費:3,000(事前振込)

定員40名(先着順)

お申込みは
①お名前(フルネーム
②メールアドレス
③電話番号
④参加人数を
ご記入いただいてコチラへお願いいたします。
(お振込先を2日以内に返信させていただきます。)
お振込を確認でき次第で、お席を確保させていただきます。

お問い合わせは下記まで(当日はお電話のみ)

メール:コチラへお願いいたします。

Tel: 090‐9576‐8996(担当:すえよし)